2010年12月19日

「次世代の発明家へのメッセージシンポジウム」に行きました(1)

昨日、発明協会ホール@虎ノ門で開催されました!


http://www.smet.jp/jisedai/


応募者多数の場合は抽選ということでしたが、


会場はそれほど混雑していませんでした。


当選はがきにも、1枚で2名参加OKとのことだったし。。。



それはさておき、


「青いバラ」を発明した田中良和さん(サントリー)と


「痛くない注射針」を発明した岡野雅行さん(岡野工業)を


生で見れたことに感動わーい(嬉しい顔)exclamation×2


印象として、田中さんは淡々とていて、闘志を内に秘めている


という感じした。


一方の岡野さんは、生粋の江戸っ子、べらんめー口調、


いいたいことははっきりいう、という調子でした(笑)。



発明家として、お二人に共通していたことで、


僕が特に印象深かったのは、以下の3点です。


(1)できるできないの判断を、”自分なり”に

 
   明確化している


   (≒暗黙知の世界、直感を裏付け経験・蓄積)


(2)社会のテーマや会社のテーマを


   ”自分”のテーマとうまく結びつけて楽しんでいる


   (≒テーマ設定の単純化)


(3)相当分の”利益”を前提として仕事を進めている


   (≒自己満足ではダメ、資金繰り・予算確保の徹底)


どれも、ふかいぃ〜って感じです。


説明しきれない奥深さがありつつも、すべて共感でき、


納得しています。そうだよな〜って。


というか、発明家としてではなく、ビジネスマンとしての面も


ちゃんとお持ちなんだろうと思います。



あと、個人的に岡野さんのお話でとっても参考になる


具体的なお話があったので、それはまた別途お伝えします。


posted by うっちー at 13:33| Comment(0) | 雑感:日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。