2011年01月26日

【特許】発明の本質の捉え方が違うと…(「中空ゴルフクラブヘッド事件」から学ぶ)(1)

以前、特許出願の準備をする前に、



発明の本質の整理」をしたほうがよいことを記載しました。



http://yu-individual.seesaa.net/article/181532188.html




では発明の本質の整理を具体的にどうやるか?



ということを考える前に、



発明の本質の”捉え方”について問題になった「中空ゴルフクラブヘッド事件」について軽くふれたいと思います。



まず争点となったそれぞれの技術的特徴の概略を簡潔に言うと、



特許発明品では、



複数の『貫通穴』がある金属製外殻部材にプラスチック製の『縫合材』を交互に通して、



この縫合材と同質のプラスチック製外殻部材とが面して結合しています。



すなわち、同質の縫合材がプラスチック製外殻部材に一定の間隔毎に接するため、



金属製外殻部材との接合強度が高まるというものです。



一方、模倣品(イ号物件)では、



『透孔(≒貫通孔)』を介して『短小な帯片』がそれぞれの外殻部材の外側面に接するように階段状に折り曲げることで、



外殻部材同士を結合しています。



したがって模倣品における『短小な帯片』が、



特許発明品における『縫合材』に該当するか否か?(すなわち特許発明の技術的範囲に属するか否か?)、



該当しないならば均等論の5要件(特に本質的要件)を充足するか否か?を争いました。



結論としては、



『縫合材』は発明の本質ではなく



均等論の5要件を充足して均等侵害が認められました。



しかしもし知財高裁で『縫合材』が発明の本質部分として判断されたら、



非侵害の判決がでていることになります。



このように発明の本質をどう捉えるかによって、



判決のみならず審査においても変わってくると考えられるため、



発明の本質の整理は非常に重要な作業になります。


posted by うっちー at 23:49| Comment(0) | 知財:特許 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

【読書】「女子大生マイの特許ファイル」稲森謙太郎(著)




≪一言感想≫


分かり難い特許の制度を、実話に沿って丁寧に順番に
説明しているため、非常に読みやすかったです。



お薦め:



面白いモノを考えたけどどうしていいかわからない人



特許の世界をのぞいてみたい人
    
   
   
これから特許のことを勉強しようとしている人
    
    
    
特許関係者でクライアントに特許について分かり易く説明したいと思っている人




特許はどうやってとるのか?



仕事で関わりがある人以外で知っている人って少ないと思います。



だから、いいアイディアや便利なモノを思いついたとしても



特許を出願しよう!というところまで辿り着かないのかもしれない。



そもそも特許って仕切りが高いイメージがある気もする。



毎日研究室に閉じ困った”白衣を着た博士”が試行錯誤して



ようやく完成した発明品くらいじゃないと、特許ってとれないんでしょ?



と誤解をしている人が少ないないように思える。



そういう人はこの本を読んでみるといいかもしれない。



読めば誤解が少しだけ解けるような気がします。



主人公のマイさんは好奇心旺盛で、



将来的にはビジネスを立ち上げたいという視点から、



特許の世界を垣間見ています。



当然ながらマイさんも特許に関しては素人なので、



着目するのは奇想天外な発明や、芸能人や著名人が出願している



発明など、比較的わかりやすい内容に的を絞っている。



その隣で、発明者の背景発明を生み出したエピソード



この発明の特徴特許出願前後の注意点



特許出願後の経緯、及び特許を取得した後の実話などを



弁理士の先生が詳しく説明してくれています。



とても読みやすい本なのですが、



これらの制度をビジネスにどう活かしていくか?



活かした結果、どういう旨みを得られるのか?



という視点で、もう一歩マイさんに踏み込んでいただき



たかったです。
posted by うっちー at 19:48| Comment(5) | 読書:一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

【特許】出願の準備をする前にすること


まず「特許出願の準備」とは、出願書類の作成をすることを示します。



出願書類とは、特許請求の範囲、明細書、必要な図面、及び要約書です。



すなわち特許請求の範囲等の作成に入る前に、



特許を取れる”筋書き”が完成していることが好ましいです。



ここで「筋書き」とは、先行技術と対比して特許性(主に進歩性)を主張し得る有効な権利範囲の構築が該当します。



ちなみに、徐放性ジクロフェナクナトリウム製剤事件(東京地裁平8(ワ)14828号)では、



特許発明の本質的部分か否かは、



特許発明を先行技術と対比して課題の解決手段における特徴的原理を確定した上で判断すべきと判示していることから、



課題とその解決手段とにより発明の本質的部分が確定されると考えられます。



したがって、特許出願の準備をする前に行うことは差し当たり以下の2点と思われます。



@発明の本質の整理



A先行技術文献の調査


posted by うっちー at 23:15| Comment(0) | 知財:特許 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

【モノづくり】パッケージの開発について

昨今、パッケージが商品の売れ行きを大きく左右する要因のようです。



特に商品を包装する箱や容器等(以下、単に「パッケージ」という。)は、



商品そのもの以上に需要者の購買意欲をかきたてる重要なポイントであるため、



モノづくり”の一環として非常に重要な部分だと考えられます。



例えば、パッケージを開発するにあたり、以下のことを各担当者が知恵を
 

 
出し合ってコンセプトメイキングする必要があると思われます。 



@材料設計  主担当:研究開部門担当者



材料として適しているか否か、またはコストが嵩まない素材か否などを検討する


  
A形態設計  主担当:設計担当者



ユーザーが持ちやすいかどうか(人間工学)、または廃棄しやすいかどうかなどを



鑑みて成型できるか否かを検討する



B意匠設計 主担当者:デザイナー



(@やAの内容を蔑ろにせず)コンシューマー(消費者)の購買意欲を引き立てる



デザイン(形状、模様など)か否かを検討する  


  
C市場動向調査 主担当:マーケッター 



デザインしたものがコンシューマーに受け入れられるか否かをモニタリングしたり、



他社の商品パッケージと似ていないかどうか他者の権利を侵害していないかどうか)を調査する。


 
D製造 主担当:生産技術担当者



 @〜Bの無理な要求にもめげず(笑)、工程や増やさず、高い歩留まり率を維持して


 
 より低いコストで製造できるようにする



これだけの担当者が絡むため(実際はもっと沢山の方々が登場すると思います)、



しっかりしたマネジメントのもとでパッケージ開発することが条件かもしれませんね。



posted by うっちー at 23:17| Comment(0) | 趣味:モノづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

【読書】「投稿論文でキャリアを売り込め」中野雅至 著



投稿論文を書くためには、日々の「蓄積」が肝であると思う。



”投稿論文”に相当するレベルのものを作らないまでも、



自分の興味があるテーマにおいて、



自分が立てた仮説を実証して結論を出す一連のストーリーを、



文章化してオープンにできるものを形にする作業が大事であり、



この作業によって情報が蓄積するばかりでなく、文章作成能力の向上



にも直結するため、投稿論文への第一歩になることは間違いないと思う。



ここで、「文章化してオープンにできるものとは、



論理性があり矛盾がない程度のもの、でよいと思う。



このレベルにしておけば、他者から突っ込まれても



最低限の応答はできるのではないだろうか。所詮は自説だし。



はじめから立派なものを作ろうとする意識は大事だが、



行動力を鈍らせるため、持ち過ぎないようにしたい。



但し、断定的な表現はなるべく避けることがテクニック(ex:考えられる)。

  

したがって、論文作成は自分のキャリアアップに直結すると再認識し、



モチベーションがグッとあがった。
posted by うっちー at 20:11| Comment(0) | 読書:一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

【グッズ】古い電子レンジでも魚が焼ける!?



この商品は、特許発明です(特許第3650373号)exclamation×2



こういうアイディア商品を大事にしていきたい!



だって、魚って、食べたいな〜って思っても、



じゃ、食べますか!っていう軽いノリで



調理し難いじゃないですか。



特に焼き魚は、ガスコンロが汚れたり



煙が充満して部屋が煙ったくなったりするだけじゃなく、



焼き加減に注意しなければ上手にできませんよね。



かといって、スチーム電子レンジ欲しいけど高価だし。



そんなときにこのお皿のうわさを聞いたんです!




ま〜さほど高価なものでないし、もし使えなくても



普通の皿として利用すればいいかな〜っていう気持ちで



買ってみましたわーい(嬉しい顔)



さっそく鮭の西京焼きに挑戦してみました。



特別に準備するものは、クッキングシート(小1枚、大1枚)だけ。



以下に調理手順の一例を記載します。



コツは、電子レンジの熱加減を間違わないことです!



<手順1>



皿に敷いたクッキングシート(小1枚)に鮭を載せ、



さらにその上からクッキングシート(大1枚)を覆い被せる。



<手順2>



最初は200W(弱め)で3分前後、中までじわじわ焼く。



<手順3>



鮭をひっくり返し、



その後に500W(強め)で1分ほど表面を一気に過熱する。



どんな仕上がりかな〜っと、そーとクッキングシートを外すと、



とても奇麗に焼きあがった鮭くんがいました(笑)。



大事な味のほうは・・・、とても美味しい!



電子レンジでやったとは思えない出来栄えでした。



ちなみに、この発明の特徴は、皿の主な素材として”炭化珪素”を用いることで、



これにより、この炭化珪素が電子レンジの熱で振動し、



皿が急速に高温になるため、魚を短時間で焼くことができます。



ちなみに、普通の皿では魚を焼けるほど高温にはならず、



高温になったとしても割れてしまうようです><。


posted by うっちー at 19:42| Comment(2) | 趣味:グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

【読書】プレゼンテーションzen

Garr Reynolds,ガー・レイノルズ
ピアソン桐原
発売日:2009-09-04



プレゼンするときにPowerPointを使うことが多いと思いますが、



記載したスライドの文字やデータを”読みながら”



商品コンセプトや営業企画を発表した経験はありませんか?



私はあります(汗)。



記載する情報量を少なくして、なるべくプレゼンに集中してもらいたいと思いつつ、



内容を絞り切らず、あれもこれも伝えたい!という欲を出してしまうと、



結局は最も伝えたいことが伝わらないようです。




そこでこの本では、プレゼンテーションにおいて、以下のようなアドバイスをしています。



○プレゼンの準備は自制心を働かせ、「シンプル」「明快」「簡潔」を常に意識する。



たった一つしか聴衆の記憶に残らないとしたら、それは何であってほしいか?を考える。



詳しい配布資料を用意すれば、スライドの記載内容を充実させる必要はない。



○よいデザインには余白が多い。




これらは、アドバイスのほんの一部分ですが、端的に核心をついていると思います。



ようは聴衆にスライドや画面の内容を暗黙のうちに”感じさせる”ために、



プレゼンテーターは左脳で論理性を追求しつつ、



右脳を使って聴衆の感情に訴えかけるということが重要になってくると思います。


posted by うっちー at 09:13| Comment(0) | 読書:一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

「世界一、イノベーションが進む国、日本」にするためには?

日経新聞で投稿の募集がありました(1月3日〆切)。



「世界一、教育の質が高い国、日本へ 第20回(12月27日)」



http://www.nikkei.com/news/topic/



募集内容を簡単に説明すると、



「今の日本で明治維新の時のような



革命的な変化を起こすには



どんな手段が考えられるのか?」



というもの。



考えた末に、下記のような投稿をしました。



↓↓以下、投稿内容↓↓



「@ユーザー側のニーズや企業側のシーズを蓄積し、



A技術者らがこれらを認識して研究開発し、



Bその成果を正当に評価し、かつ継続的に保護できる



仕組みが不可欠です。



@とAを実現するには、アクセス制限をかけて



技術分野毎のデータベースを構築して



これにニーズ等を保存し、これらを技術者らが閲覧できる



システムを構築することが必要です。



さらにBを実現するには、技術者が発明等を創出する度に、



この技術者と正式に契約しなければ、



企業はこの発明を実施できない法的な規定を設けるべきです。



またこの企業が特許権等を取得する場合には、



技術者と権利を共有することを条件にすれば、



技術者も再実施権等について自己主張できる



権利を得られるため、新たな技術創作への



モチベーションアップにつながると考えます。



これにより、技術のアイディアが累積し、



かつ技術者のレベルも成熟するため、



世界をリードする技術立国になれると



確信しています。」




掲載されるかことは期待しませんが、



このような考えをもった者もいるんだな〜って



ことだけでも伝われば嬉しいです^^。
posted by うっちー at 00:13| Comment(0) | 知財:全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

2011年の目標(英話編)

明けましておめでとうございます!


いよいよ新年幕開けですね。



そこで今年の主要の目標の一つとして、


英会話の強化」についての想いを綴ろうと


思います。



仕事上、英文を読んだり英語でEメールをおくったり


することが多いのですが、楽しく継続して取り組んで


スキルアップを図るためには、会話から入るのが


自分らしいと思いました(笑)。



昨年一年間の独学で、なんとか日常会話のベースは


築けたとようです(某スクールのネイティブ曰く)。


そこで今年は会話のキャッチーボールだけでなく、


かっこよく素敵に振る舞えるレベルにまで


マスターしたいと思います。


そうすれば、とりあえず外国の弁理士とも


意思疎通はスムーズに行うことができるんじゃないかなと。。。



ちなみにTOEICは800点を目指します!

posted by うっちー at 00:19| Comment(0) | 雑感:日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。