2011年02月24日

仕事の効率を考える(2)

前回は仕事の効率を上げるために必要な項目を3つあげました。


http://yu-individual.seesaa.net/article/185140916.html


そこで今回は、「(1)計画を立てて仕事の優劣(重み付け)をつける」について具体的に考えてみたいと思います。


まず仕事の優劣をつけるには、その仕事の「期限」と「取り組みやすさ」を考える必要があると思います。


「期限」には、クライアントの事情(商品リリースのタイミングや競合他社への牽制など)や自社の都合(売上目標や活動計画など)によって定められる期限のみならず、法律等で定められる期限も含まれます。


「取り組みやすさ」は、難解なミッションで考える時間が必要なもの、または単純な作業でルーチン化できるものが該当します。


特許業務の場合、クライアントの要望に答えるための仕事(例えば、権利網を構築するための特許出願、または製品が他社の特許に抵触していないか否かの調査や鑑定)は、期限が短い半面、ちゃんと方針を立ててこの要望に答えなければならないため、必然的に優先順位は高くなります。


一方、将来的にクライアントの利益になり得る仕事(例えば、発明の発掘支援、特許調査のレクチャー、または特許業務全般のコンサルティング)のみならず、自社内での推進業務(例えば、特許戦略提案の企画・立案、または人材教育体制の確立)は、期限にそれなりの猶予を設けて、じっくり考える必要があると思います。このため、優先順位を下げてでもある程度時間を掛けて取り組んだほうがよさそうです。ちゃっちゃかやって終わるような仕事ではないはずです。


また、法的で定められた期限を有する仕事(例えば、特許庁に対する拒絶理由対応手続、または登録料の納付手続)は、単純な作業でルーチン化できるものの、機会損失するとリカバリーができないため、優先順位を高めに設定すべきです。


一方、法的で定められた期限がなく、かつルーチン化できる仕事(例えば、権利移転登録の申請手続や代理権の申請手続)は、クライアントの事情及び自社の都合さえよければ、優先順位を低くしてもかまわないと思います。


このように、それぞれの仕事の「期限」と「取り組みやすさ」を考えて優劣をつけると、無駄のない業務計画を立てることができると思います。

posted by うっちー at 18:41| Comment(0) | 知財:全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。