2011年03月26日

【特許】発明の捉え方について考える(2)

前回の続きです。


【特許】発明の捉え方について考える(1)
http://yu-individual.seesaa.net/article/191803361.html


------------------------------------------
(3)発明者とは協力関係に立ち、話をじっくりきき真摯に対応する。


今後の特許出願業務においては、特に重要な項目になってくると個人的に思っています。なぜなら発明を多面的に捉えられれば、その分クライアントの想いを引き出しやすくなるのではないかと考えます。


また以前の特許業務とは違い、現在は1件の出願の重みが増したのではないかとおもいます。単なる下請業者ではなく、クライアントとタッグを組み、事業活性化の一部として特許戦略を弁理士が担当する関係になることが理想的ではないでしょうか。


そのためにはクライアントも特許戦略について弁理士に投げっぱなしではなく、共に発明を深め、かつ企業の無形財産として一つ一つの発明を蓄積することが大切だと思います。


またこの蓄積された発明の技術は、人材育成にも活用できるのではないかと考えています。世代交代が進む昨今、企業の技術力の進化を伝えるには、特許文献を用いることが有効ではないでしょうか。


------------------------------------------
その他、参考になったコメントを列挙します。主にクレーム作成や進歩性についての考え方についての内容です。


○クライアントがメーカーならば、何を製造販売しているのかによって、クレームの範囲を変える。


○進歩性のある部分(より正確には進歩性と企業にとっての事業的価値とをあわせ有する部分)こそが出願する価値のある部分であり、発明の中核になる部分である。


○要素AとBとがどういう風に有機的なつながりを持っているかを適切に主張してあれば、進歩性は認められる可能性がある。


〇特許化するために結果的に当初と大きく違う発明になってしまうこともあるが、特許になった発明が、クライアントにとって価値があるものになればいいのではないかと思う。


最後になりますが、最近では弁理士業務も多角化してきました。しかし不変的な部分は必ずあるはずです。特許を専門とする弁理士にとっては、「発明を捉える」というミッションは不変的であり、クライアントに最も貢献できる場面ではないでしょうか。今後はそれを如何に分かり易く、かつ効率良く提供できるかが鍵になると思います。
posted by うっちー at 22:40| Comment(0) | 知財:特許 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

【特許】発明の捉え方について考える(1)

本ブログで以前、「中空ゴルフクラブヘッド事件」を題材にして、発明の本質の捉え方について考えたことがあります。


【特許】発明の本質の捉え方が違うと…(「中空ゴルフクラブヘッド事件」から学ぶ)(1)
http://yu-individual.seesaa.net/article/182617395.html


【特許】発明の本質の捉え方が違うと…(「中空ゴルフクラブヘッド事件」から学ぶ)(2)
http://yu-individual.seesaa.net/article/183691260.html


今月配布された月刊誌「パテント」で、「発明の捉え方」の特集が組まれていました。各先生方の座談会です。


パテント 2011.3 vol.64
http://www.jpaa.or.jp/activity/publication/patent/patent-library/patent-lib/
※アーカイブにアップされるのは数か月先だと思います。


特に印象深いコメントをピックアップして、それぞれについて考えてみたいと思います。


------------------------------------------
(1)出願前の調査については、調査を専門としない者が明細書作成手順の中で企業を満足させることのできるレベルの調査を行うことは難しい。


これは、たしかにその通りかもしれません。企業によっては商用DBを駆使して調査業務を内製したり、調査会社に外注したりしているところもあります。


しかし調査をしたから特許が取れるというわけではありませんが、調査結果を踏まえて発明を捉えることは非常に大切であり、特許を取れる可能性がある程度高まるのではないかと考えています。


したがって弁理士が行う事前調査は、例えば検索結果のヒット件数の上限を設定したり要約書の内容のみで類似するか否かを判断したりする、というような”ルール”を作ることで、安価でかつ短時間に効率よく行うことができると思います。


この調査結果から進歩性を主張し得るクレーム作成ができるばかりでなく、クライアントも特許出願に対する方針や見通しを立て易く、社内的にも(上層部にも)稟議しやすいのではないかと思います。


------------------------------------------
(2)発明の把握の中には、技術の理解、技術思想としての理解、及び独占権としての理解などがある。


あらためて考えると確かにそうだな〜と納得しました。


まずは、発明者が創作した技術の理解ありき。どのような構造か?仕組みか?どんな部材や素材を使っているか?どのように動作するか?インプットしたら何がアウトプットされるか?等について、わからない場合はヒアリングしてしっかり理解することが大前提だと思います。


次に、技術思想としての理解、すなわち発明者の狙い、従来技術と違う点やすぐれている点、この発明から得られるメリット、この発明を基にした将来的事業構想等について把握することにより、クレームの範囲をやサブクレームの立て方の目安になると考えられます。


最後に、独占権としての理解。これは、クライアントが守りたいと願う領域と権利が取れそうな領域とのバランスを見極めることだと思います。つまりなんでもかんでも真似されないように広いクレームで権利化を図りたいと思う気持ちもわかりますが、進歩性や単一性をクリアできるクレームを構築する必要があります。


今までなんとなく職人芸的な仕事と思っていたことも、こうして詳細に分けて見直してみると、自分の思考の整理にもなって非常にいいです。



次回に続く・・・。
posted by うっちー at 21:03| Comment(0) | 知財:特許 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月17日

【仕事】弁理士の姿勢

昨今、弁理士の姿勢も変わりつつあります。


お客さんに積極的に接し、技術やビジネスモデルを傾聴するスキルが求められていると思います。


まだ世の中にオープンにしていない思想やアイディアをどのように財産に変えていくか?


この相談役として、弁理士は適任だと思います。


東日本大震災を切っ掛けに円高も進み、復興の兆しを見せていた日本経済がまたしても傾きつつある中で、一人一人ができることを考え、少しづつみんなで任務を背負っていくことが大切になってくるのではないかと考えています。


海外からも大和魂を称賛され、世界一の技術力を持つ日本。その国の弁理士として、今は誇りを持っています。

posted by うっちー at 21:00| Comment(0) | 知財:全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

震災にあたり・・・。

まずはこの度の災害で被害を受けた方々の無事を祈ると共に、いち早く復旧することを願うばかりです。



それにしても11日の地震は驚きました。


僕は都内の職場にいました。オフィスビルの6階。


比較的頑丈な構造だと思われますが、大きく揺れました。


でも棚を抑える余裕もあったし、書類が落ちる程度のトラブルですみました。


その後、身内に電話連絡をしましたがしばらく不通で不安が過りましたが、幸い無事も確認できました。


一方、TVでは津波の映像がタイムリーに流されていました。


本当に信じられない光景でした。これが日本なのかと・・・。


さらに都心では交通マヒで騒然としていました。


職場から自宅まで約10kmを4時間程度かけて帰路につきました。


途中新宿駅を経由してきましたが、多くの方々が座り込んで夜を越す準備をしていました。



土曜日からは、備蓄の準備に入りました。


食糧のみならず、防災グッズもホームセンター等に買い出しに行きましたが、


既に懐中電灯やガスコンロ等は品切れでした。


最終的に予備で自転車用のLEDライトを購入しました。備えあれば憂いなしです。


電池等も品薄状態です。



とにかく、今できることを最大限やることが重要だと思います。


節電、次の災害への対応、身内との状況整理等。


起こってからでは遅い。今回のことでそのことを学びました。


posted by うっちー at 23:44| Comment(0) | 雑感:日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

特許出願事務の業務フロー(2−1.国内出願処理編(@インターネット出願前の準備))

前回掲載した「特許出願事務の業務フローについて(1.受任処理編)」に引き続きです。


http://yu-individual.seesaa.net/category/9458037-1.html


今回は国内出願処理編です。明細書の作成終了後の業務フローです。
まずはじめに、@インターネット出願前の準備について整理します。


(1)明細書の方式チェックをする(特に注視する点をピックアップ)


 イ.願書
 
 
 (イ)国際分類(”/(スラッシュ)”の位置)
 
 
 (ロ)発明者情報(住所、氏名)
 
 
 (ハ)出願人情報(識別番号、住所居所、氏名名称、共同出願人の有無)    
 
 
 (二)費用(特に実用新案の場合は1〜3年分の登録料発生)
 
 
 ロ.明細書
 
 
 (イ)抜けや重複がないかどうか確認する。
    ※「自動付番マクロ」を使って一括付与も可能 
  
  
 (ロ)使用できない文字を使っていないか確認する。
    ※@(丸文字)、T・@(ローマ字大文字小文字)は不可
    

 ハ .図面  
     
     
 (イ)図面の抜けがないか確認する。
    ※【図面の簡単な説明】と比較するとよい   
 
 
 (ロ)解像度が小さすぎないか確認する。
    ※小さいと図面が小さくなってしまうため
    
 
(2)明細書をhtml形式に変換する


  明細書のワードデータで「名前と付けて保存」
  → ファイルの種類で「Webページ」を選択
  
       
ここまで来たら、次はAインターネット出願に入ります。


posted by うっちー at 23:50| Comment(0) | 知財:特許 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

特許出願事務の業務フロー(1.受任処理編)

弁理士として特許出願の依頼を受けた後、例えばどのように受任処理するかを、今一度整理したいと思います。


(1)受任処理は、出願台帳、及び/または管理データベースに以下の主な項目を入力する


  イ.顧客整理番号(※番号の付け方は省略)
        
  
  ロ.受任した日
  
  
  ハ.目標設定日(ドラフト提出日、出願日等)
  
  
  二.その他(発明の名称、優先権の有無、新規性喪失の例外適用の有無等)
  

(2)出願書類を束ねるファイルを作成する


  ※必要に応じて、各種手続処理日を一覧できるようにしてもよい。
   
  
(3)各種データの保存場所(フォルダ)を以下の階層で作成する


  受任案件フォルダ(整理番号がわかるとベター)
 
   
  − 出願フォルダ ※将来的には、中間対応フォルダも作成予定
  
  
    − 客先資料フォルダ
    
    
    − 図面(イメージデータ)フォルダ・・・原案提出時または出願時の図面イメージデータを保存
          
    
    − その他フォルダ(提出済みドラフトや更新済みデータのバックアップ等)
 


次は、2.出願処理編を整理したいと思います。  

posted by うっちー at 22:39| Comment(0) | 知財:特許 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

【読書】「愚直に勝る天才なし!」清田茂男(著)



≪一言感想≫


使命感をもって社会に貢献すると共に、愚直に技術を追求することを実行している清田さんのお話は説得力がると思いました。


また業界に限らず、とくかくやってみる姿勢が明日への扉をこじ開ける原動力になることを学びました。


≪この本はこんな方にお勧め≫


自社技術について試行錯誤している中小企業や町工場の経営者又は今後経営を志す方


町工場の実態を知りたい大企業勤めの方


≪この本を読んで想うこと≫


岡野工業代表の岡野さんに負けず劣らず、清田製作所代表の清田さんも立派な技術者だな〜と若人ながら感心してしまいました。


中でも、このコメントがすごく印象深いです。


「「それは常識だよ」と言われてきたことと、違うことを試してみると、扉が開くことがあると思っている」


モノづくりばかりでなく、サービス業においても共通する格言だと思います。


今までのやり方を少し変えただけのことでは意味が無いことかどうか?効果が得られるものかどうか?は、やってみないとわからないことだと思います。


僕自身、今は弁理士として新たな試みを少しづつチャレンジしている最中です。


とにかく、やってみてる!という姿勢を大切にしていきたいと思いますexclamation×2


posted by うっちー at 23:59| Comment(0) | 読書:一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。