2011年03月26日

【特許】発明の捉え方について考える(2)

前回の続きです。


【特許】発明の捉え方について考える(1)
http://yu-individual.seesaa.net/article/191803361.html


------------------------------------------
(3)発明者とは協力関係に立ち、話をじっくりきき真摯に対応する。


今後の特許出願業務においては、特に重要な項目になってくると個人的に思っています。なぜなら発明を多面的に捉えられれば、その分クライアントの想いを引き出しやすくなるのではないかと考えます。


また以前の特許業務とは違い、現在は1件の出願の重みが増したのではないかとおもいます。単なる下請業者ではなく、クライアントとタッグを組み、事業活性化の一部として特許戦略を弁理士が担当する関係になることが理想的ではないでしょうか。


そのためにはクライアントも特許戦略について弁理士に投げっぱなしではなく、共に発明を深め、かつ企業の無形財産として一つ一つの発明を蓄積することが大切だと思います。


またこの蓄積された発明の技術は、人材育成にも活用できるのではないかと考えています。世代交代が進む昨今、企業の技術力の進化を伝えるには、特許文献を用いることが有効ではないでしょうか。


------------------------------------------
その他、参考になったコメントを列挙します。主にクレーム作成や進歩性についての考え方についての内容です。


○クライアントがメーカーならば、何を製造販売しているのかによって、クレームの範囲を変える。


○進歩性のある部分(より正確には進歩性と企業にとっての事業的価値とをあわせ有する部分)こそが出願する価値のある部分であり、発明の中核になる部分である。


○要素AとBとがどういう風に有機的なつながりを持っているかを適切に主張してあれば、進歩性は認められる可能性がある。


〇特許化するために結果的に当初と大きく違う発明になってしまうこともあるが、特許になった発明が、クライアントにとって価値があるものになればいいのではないかと思う。


最後になりますが、最近では弁理士業務も多角化してきました。しかし不変的な部分は必ずあるはずです。特許を専門とする弁理士にとっては、「発明を捉える」というミッションは不変的であり、クライアントに最も貢献できる場面ではないでしょうか。今後はそれを如何に分かり易く、かつ効率良く提供できるかが鍵になると思います。
posted by うっちー at 22:40| Comment(0) | 知財:特許 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。