2012年03月15日

中国の実用新案文献の機械翻訳について

中国の実用新案登録出願の機械翻訳が特許庁のデータベースで見れるようになるようです。

「本年3月19日より(独)工業所有権情報・研修館の特許電子図書館(IPDL:Industrial Property Digital Library)を通じて、機械翻訳を利用して作成した中国実用新案和文抄録データの検索・照会サービスを開始」
http://www.meti.go.jp/press/2011/03/20120314003/20120314003.html

なお、中国の実用新案権がいかに日本企業にとってリスキーかについては、下記のリンクをご覧下さい。
http://yu-individual.seesaa.net/article/257085180.html
posted by うっちー at 09:06| Comment(0) | 知財:特許 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。