2011年01月13日

【読書】「投稿論文でキャリアを売り込め」中野雅至 著



投稿論文を書くためには、日々の「蓄積」が肝であると思う。



”投稿論文”に相当するレベルのものを作らないまでも、



自分の興味があるテーマにおいて、



自分が立てた仮説を実証して結論を出す一連のストーリーを、



文章化してオープンにできるものを形にする作業が大事であり、



この作業によって情報が蓄積するばかりでなく、文章作成能力の向上



にも直結するため、投稿論文への第一歩になることは間違いないと思う。



ここで、「文章化してオープンにできるものとは、



論理性があり矛盾がない程度のもの、でよいと思う。



このレベルにしておけば、他者から突っ込まれても



最低限の応答はできるのではないだろうか。所詮は自説だし。



はじめから立派なものを作ろうとする意識は大事だが、



行動力を鈍らせるため、持ち過ぎないようにしたい。



但し、断定的な表現はなるべく避けることがテクニック(ex:考えられる)。

  

したがって、論文作成は自分のキャリアアップに直結すると再認識し、



モチベーションがグッとあがった。
posted by うっちー at 20:11| Comment(0) | 読書:一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。