2011年02月09日

仕事の効率を考える(1)

多くの仕事をさばくには、


(1)計画を立てて仕事の優劣(重み付け)をつける


(2)仕事の妨げとなる要因(ムダ)を排除する


(3)一つ一つの仕事を行うスピードを上げる


という3つのことを真っ先に思い付きます。


(1)をなぜ一番初めに思いついたかというと、


3つの中で最も手間をかけずにに行うことができるだからです。


仕事が多すぎる〜!とか、仕事が複雑すぎる〜><とかいう感覚に陥る原因の一つは、


仕事の全体像を把握していないことばかりでなく、個々の仕事の手順が曖昧なまま取り組んでいることが考えられます。


霧の中をがむしゃらに走っても、距離と方向がわからなければ決してゴールにはたどり着けません。たどり着いたとしても、多大な時間と労力を費やしているはずです。


またこのことは仕事に限らず、勉強や趣味にも当てはまります。


時間がないから勉強できないよ〜とか、趣味する時間ほしいな。。。と諦めてしまうのは非常にもったいないです!


まとまった勉強時間を確保できないとしても、勉強の全体像を把握した上で、例えば隙間時間を効率よく利用して継続的に取り組めば、大きな成長につながります。


時間も能力も有限であることを自覚することが、まずは最も大切です^^。
posted by うっちー at 23:58| Comment(0) | 知財:全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。