2012年03月08日

共同発明の契約書における単独名義とは?

共同発明をするということは、共同で開発するということなので、相応の約束が必要ですよね。

例えばAさんとBさんが一緒に発明して特許とろう!と約束したけど、一方が先走って特許取っちゃう場合もあるため、「単独名義で出願し取得した特許権については・・・」などという縛りをかけたりします。これにより、一方が特許で儲かったら、もう一方にもその特許を使わせてあげましょうね、という約束などができます。

ちなみに、共同名義、すなわち甲及び乙が出願人の場合、どちらも特許を取得できるので、このような約束は不要となります。
posted by うっちー at 21:56| Comment(0) | 知財:特許 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。