2012年03月08日

プロフェッショナルサラリーマン(プロサラ) 感想



著者の俣野さんのおっしゃる通り、20代のビジネスマンの方にはぜひ読んで頂きたい本だと思いました。
同時に、私も20代のころに拝見していたらどうだったかな〜と想像してみたところ、おそらく本書は「自分自身」に負けないための”礎”の一つに間違いなくなっていただろうと感じています。

10年くらい前よりきっと今のほうが、誘惑(転職、副業やネット株による副収入、SNSによる人脈構築など)は多いのではないかと思います。また各企業における”古い体質”も、いまだ根強く残っているようですね。このため、現代の若者は頑張りたくても頑張れない「自分との葛藤」に苦しみり、仕事に没頭できず結果を出し難い環境にいるのかもしれません。

もしそうだとしたら、それは我々の責任でもあることを自覚しなければいけないと考えました。将来の方向性を見出し、それを信じて突き進み、そして結果を出していかなければ、若者もついてきませんよね。

本書は、20代のルーキーにとってのモチベーションアップのみならず、彼らを先導し常に”背中”を見せ続けなければならない30代、40代のリーダーにとっての教訓になる内容ばかりです。

私も弁理士としてだけでなく、今後はリーダー及び経営者としての意識を今以上に持ち、いち早く特許業界での真のプロフェッショナルになるよう、日々精進していきたいと思いました。


プロフェッショナルサラリーマン ― 「リストラ予備軍」から「最年少役員」に這い上がった男の仕事術
【関連する記事】
posted by うっちー at 22:48| Comment(0) | 読書:ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。