2012年03月16日

特許を取るまでの流れ

国内で特許を取る際、弁理士に依頼する場合は、以下のような流れをイメージしていただければいいと思います。

(1)〜(8)まで、平均4〜5年。手続をちゃっちゃかやれば、もっと早く特許になります。

(1)出願検討=数日〜数週間

(2)出願書類作成及び出願手続=1ヶ月前後

(3)国内優先権主張出願期限=出願日から1年以内(期限内に改良発明を追加可能)

(4)出願公開=出願日から1年半後(公開されると公知技術となる)

(5)出願審査請求=出願日から3年以内(期限内ならいつでも可、未請求だと出願が取下擬制)

(6)審査対応=出願審査請求後1〜2年(拒絶理由通知が来たら反論しないと特許にならない)

(7)特許査定

(8)特許料納付⇒特許付与

<参考サイト:特許権を取るための手続(特許庁)
http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/tetuzuki/t_gaiyou/tokkyo1.htm
posted by うっちー at 20:00| Comment(0) | 知財:特許 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。