2012年03月18日

特許関連ビジネスが拡大傾向!?

「「稼ぐ特許」世界で関連ビジネス急拡大」という見出しで、本日の日経新聞Web刊で取り上げられていました。

2010年8月に設立された日本初の知的財産ファンド「LSIP(エルシップ)」は、約1年半で100件以上の特許を収集し、製薬ベンチャー企業などへランセンスを提供することで収益を上げているようです。ここでは主に、がん、アルツハイマーなどライフサイエンス4分野が対象。ビジネスモデルは、点在している特許やアイディアを集約し、事業化するというもの。

海外はその一歩先を行っています。米国の知財ファンドのインテレクチュアル・ベンチャーズ(IV)は、保有する特許数が3万5000件以上。シカゴ・オプション取引所は世界初の「知的財産国際取引所」を12年中に立ち上げる計画。

IT業界でも熾烈なバトルが繰り広げられていますね。今月には、米ヤフーが米フェイスブックに対して特許権侵害で提訴。特許戦略でフェイスブックに一矢報いたいというヤフーの思惑は、現地ではあまり受け入れられていないようですが。。。

無形資産を矛や盾にするために、これを如何に”カタチ”にして蓄財していくか?ということが近年のテーマであり、特許戦略はあくまでもその一手段に過ぎないと思います。
posted by うっちー at 21:50| Comment(0) | 知財:全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。