2012年04月22日

Youtubeにアップした音楽コンテンツの著作権管理の責任は。。。

ドイツにて、「YouTubeは投稿された動画について責任を負う」という裁定が出たようです。すなわち、ユーザがYouTubeにアップしたコンテンツに無断で音楽が使われていた場合、YouTube側に使用料を請求できるようになるかもしれないということ。

YouTube側もフィルタリング機能を設けたり、無断で音楽コンテンツを使用しているユーザに警告したりして対応している事情を鑑みると、すべての責任をYouTubeに追わせるのは酷なように思えます。さらにこのようにしてしまうと、YouTube側も取り締まりを厳しくしなければならないため、ユーザビリティの低下が懸念されますよね。

チュッパチャプスvs楽天の件と同様、サイト運営者側の責任が増えてきそうです。

<参考サイト:YouTubeは投稿された動画について責任を負う--ドイツ裁判所が裁定>
http://japan.cnet.com/news/service/35016455/
posted by うっちー at 11:17| Comment(0) | 判例:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。