2012年05月15日

模倣対策マニュアルについて

特許庁は5月10日に「模倣対策マニュアル」などをの更新情報を発表しました。2012年3月版では中国、韓国、台湾などの模倣対策マニュアルがリニューアルされたようです。

中国に模倣対策マニュアをザッと拝見しましたが、内容は充実していると思います。

例えば、中国への輸出に備えた権利取得(特許など)については、出願〜登録までのフローチャートがあり見やすいです。一方、中国国内に存在する商標権などの侵害を回避する事前調査についても記載されています。また中国企業と技術提携して生産委託する場合の注意事項や、中国企業と合弁会社を設立した場合の技術情報の漏洩対策なども一見の価値ありです。それぞれについて仮想事例が記載されています。その他実務上の留意点もが細かく参考になります。

<参考サイト:模倣対策マニュアル、知的財産権侵害判例・事例集、調査報告書>
http://www.jpo.go.jp/torikumi/mohouhin/mohouhin2/manual/manual.htm
posted by うっちー at 08:56| Comment(0) | 知財:全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。